色々な種類がある|優秀なトリキュラーを使って望まない妊娠を防ごう

優秀なトリキュラーを使って望まない妊娠を防ごう

様々な種類の薬

色々な種類がある

ジェネリック医薬品という言葉は、最近は日本でもよく名前を聞くようになってきています。
ジェネリックというのは、そもそも新薬の特許が切れたのちに作られる医薬品のことです。
元々、薬というのは製薬会社が長年の研究や実験によって作り上げるものであるため、新薬が誕生した場合には特許期間が設けられます。
そのため、特許の期間はずっと開発した製薬会社の専売期間となるわけです。
研究にかけた費用や売り上げといった部分を出すためにも、ある程度、薬の費用は高く設定されたりします。

そんな新薬の特許期間が終われば、他の製薬会社も新薬と同じ成分で同じ効果を持つ薬を作り販売することが許されます。
そうして、開発したのとは別の製薬会社が作った薬をジェネリック医薬品というのです。
ジェネリックは他の製薬会社が作った薬をそのままの成分で作るため、研究や実験の費用や期間を必要とせずに作って販売できるという魅力があります。
そのため、ジェネリックでは開発費用を賄う必要がないので薬の価格を大幅に抑えて販売することができるわけです。
それゆえに、新薬とジェネリックの価格が倍近く違っているというようなことも珍しくありません。

ただ、薬の特許期間は非常に長いため、なかなかジェネリックが新しく作られることがありません。ですが、国ごとに薬に対する法がちがっており、同じ成分でも製造方法が違えば特許的にも問題ないという国もあります。
そのため、同じような効果を期待できるジェネリックというのが新薬が販売されてからすぐに発売されていたりするわけです。
個人輸入代行サービスでは、そうした海外で許されているジェネリック医薬品を購入して使うこともできるので、薬にかける費用を抑えるのにも役立ちます。