タイプとメリット|優秀なトリキュラーを使って望まない妊娠を防ごう

優秀なトリキュラーを使って望まない妊娠を防ごう

床に落ちているブリスター

タイプとメリット

トリキュラーをはじめとした低用量ピルには、二つのタイプがあることをご存知ですか?
低用量ピルには1相性タイプと3相性タイプという二種類のタイプがあり、トリキュラーはご説明したように3相性タイプになります。
1相性タイプは28日間のサイクル中、ホルモン量が一定で、3相性タイプでは28日間のサイクル中、黄体ホルモンの量が3段階に変化します。
28日間の中間に黄体ホルモンが増えるタイプと後半に増えるタイプがあり、トリキュラーは後半に黄体ホルモンが増えるタイプのようです。
3相性タイプのメリットは変化が自然なホルモンバランスに近いため、不正出血が起こりにくくなることだといわれています。
1相性タイプのピルを使っていて、不正出血があるという方は一度3相性タイプを検討してみてはいかがでしょうか。

また、トリキュラーには避妊以外の効果もあるといわれています。
そのメリットは実に様々で、ニキビの解消から始まり、更年期障害の軽減や月経量の減少、子宮体がんの発症軽減、生理痛の軽減などがあげられます。
ニキビは多くの女性が対策に頭を悩ませるものですし、生理痛なんかはひどい人だと救急車を呼ばなくてはならなくなるほどなので、軽減するとなるととても嬉しいですね。
そんな嬉しいトリキュラーを手に入れる方法はいくつかあります。
低用量ピルだから、病院で処方してもらう必要があるという風に考えることもあるでしょう。
ですが、今では病院で処方してもらう以外にも手に入れることができます。